アフターサービスについて

保証約款

第1条 保証の対象

  •  売主は、買主に対し、本保証約款に基づいて、当該住宅の保証を行います。ただし、特定メーカーが保証する設備機器類については、その特定メーカーの保証の定めによります。なお、消耗品(電池・電球等)の損耗や故障によるものは保証の対象外とします。

第2条 10年保証

  • 1.売主は、当該住宅の基礎、柱・はり等、床、壁および屋根(以下「主要構造部」といいます。)の構造耐力性能または外壁および屋根の防水性能(以下「基本的性能」といいます。)につき、別表1-1および別表1-2の性能基準に違反する現象が生じた場合は、売主の責任で修補を行います。
  • 2.売主は、買主が保証期間内に前項の違反する現象を売主に通知した場合に限り、修補の責任を負います。
  • 3.前項の保証期間は、当該住宅の引渡日から別表1-1および別表1-2の保証対象部分毎に記載された期間とします。

第3条 短期保証

  • 1.売主は、当該住宅の居住の用に供する部分に関し、別表2の品質性能基準に違反する現象が生じた場合は、売主の責任で修補を行います。
  • 2.売主は、買主が保証期間内に前項の違反する現象を売主に通知した場合に限り、修補の責任を負います。
  • 3.前項の保証期間は、当該住宅の引渡日から別表2の保証対象部分毎に記載された期間とします。

第4条 事故の通知

  •  買主は、当該住宅に第2条または第3条の規定に定める現象(以下「事故」といいます。)を発見した場合は、すみやかに売主に通知するものとします。

第5条 修補の内容

  • 1.売主が第2条または第3条の規定に基づき行う修補とは、当該住宅引渡時の設計、仕様、材質等に従って原状に回復するための補修、取替等の工事をいいます。
  • 2.前項の工事の対象には、事故の原因となった保証対象部分のほか、当該事故により当該住宅に生じた被害部分を含みます。
  • 3.売主は、建物の部品、設備などのモデルチェンジ、技術改良、その他の理由により事故発生前と同様の修補ができないと判断した場合は、同等の部品、設備等により修補を行います。
  • 4.本条各項の規定にかかわらず、取替等が著しく困難な場合または損害の程度にくらべて補修に過分の費用を要する場合は、売主は、修補に代えて損害賠償金を支払うことができます。この場合、支払いの対象となった部分については、以後売主に修補の責任はありません。

第6条 保証免責事由

  •  売主は、事故が次の事由によって生じた場合は、修補の責任を負いません。
  • (1)地震、噴火、洪水、津波、台風、暴風雨、豪雨、雪害等の自然変象
  • (2)地盤の組織、地質または地形に起因する地盤の変動、土砂崩れ
    ただし、住宅の基礎の瑕疵による当該住宅の不同沈下等の場合は、この限りではありません。
  • (3)火災、落雷、爆発、暴動等の偶発事象
  • (4)買主または当該住宅の使用者の著しく不適切な維持管理または通常予測される使用状態と著しく異なる使用
  • (5)住宅の性質による結露または瑕疵によらない住宅の自然の消耗・摩滅・さび・かび・変質・変色、木材の乾燥収縮による反り、ひび割れ等で機能上差し支えのないもの、その他類似のもの
  • (6)建築当時実用化されていた技術では、予防することが不可能な現象またはこれが原因で生じたもの
  • (7)買主の指図に対し、売主がその不適当なことを指摘したにもかかわらず、買主が採用させた設計、施工方法もしくは資材に瑕疵があった場合、または売主(売主の下請負人を含む。以下本号において同じ。)以外の者の施工に瑕疵があった場合等、売主以外の者の責任に帰すべきもの
  • (8)買主もしくは売主以外の第三者の故意、過失、または不当な修理や改造
  • (9)引渡日以降、売主が関与しない当該住宅の増改築工事、設備機器類の取付工事
  • (10)植物の根等の成長および小動物の害
  • (11)引渡日以降、ベランダ、物干台もしくは水槽等の重量物を屋根に載せる、または売主以外の者が屋根に上り行うそれらの取付工事やアンテナ工事等の取付工事
  • (12)周辺の環境による影響(塩害、大気中の砂塵や煤煙、各種金属粉、亜硫酸ガス、アンモニア、車の排ガス等の反応物質が付着して起こる腐食、高温・低温・多湿による変形や故障)
  • (13)重量車両の通行等による振動または駐車
  • (14)十分な換気を行わない石油ストーブ、ガスストーブ等の長期間使用
  • (15)暖房機器の上で水を沸騰させる等の多量な加湿
  • (16)近隣の工事等の影響による予見困難な引渡日以降の地盤の変動、土砂崩れ
  • (17)ピアノ、本棚等の重量物の不適切な設置、使用
  • (18)引渡日までに申し出のない仕上げの傷、汚れ

第7条 責任の消滅

  •  当該住宅が次のいずれかに該当するに至った場合は、売主の保証責任は消滅します。
  • (1)買主または買主と生計をともにする買主の親族が3か月以上にわたって自ら居住しなくなった場合。(留守の場合を含みます。)ただし、事前に売主に対し書面で通知を行い、売主が承諾した場合に限り、売主は買主に対しこの保証約款による保証を行います。
  • (2)買主が当該住宅を個人でない第三者に賃貸した場合、賃貸開始時点で売主の保証責任は消滅します。
  • (3)買主が当該住宅を個人でない第三者に譲渡した場合、譲渡時点で売主の保証責任は消滅します。
  • (4)当該住宅の用途の変更が行われた場合。

第8条 買主の要望による修補

  •  買主の要望により、売主が第5条の修補内容を上回る修補を行う場合は、それにより超過する費用を買主が負担するものとします。

第9条 定期アフターサービス

  •  売主は、当該住宅の引渡日から12か月以内、24か月以内に各1回、委託業者の訪問により、当該住宅における修補希望箇所の有無について買主に確認を行います。

第10条 変更事項の通知

  •  買主は、住所または氏名等に変更があった場合は、「アフターサービス基準」巻中の「変更事項通知書」(以下「変更通知書」といいます。)により売主に通知するものとします。

第11条 譲受人に対する保証

  • 1.買主が当該住宅を個人の第三者に譲渡する場合は、買主が売主に対し譲渡の通知をし、当該住宅を譲り受けた者(譲り受けた者より更に譲り受けた者を含みます。以下「譲受人」といいます。)が譲り受け後3か月以内に売主に対し当該住宅の譲り受けの通知をした場合に限り、売主は、譲受人に対しこの保証約款による保証を行います。
  •  また、譲受人の反社会的勢力(自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員を総称して「反社会的勢力」といいます。)との関係が明らかになった場合は、譲受人は、保証約款による保証を一切受けることはできません。この場合、売主は、譲受人に対し何らの通知をする必要がないものとします。
  • 2.前項の売主に対する通知は、前条の変更通知書を使用するものとします。
  • 3.売主の譲受人に対する保証は、第2条第3項および第3条第3項の保証期間が満了する時までとします。
  • 4.買主は、当該住宅を譲渡する場合、この保証約款を譲受人に引渡すものとします。
  • 5.当該住宅を譲渡した場合は、この保証約款中、買主とあるのは以後「譲受人」と読み替えて適用します。

第12条 20年保証

  •  買主は、第2条の定めにかかわらず、当該住宅の引渡日から5年以内、10年以内、15年以内にそれぞれ買主の依頼により委託業者による有償定期点検、必要に応じた有償メンテナンス工事ならびに防蟻処理工事を実施した場合に限り、別表1-1に定める10年保証対象部分について、引渡日から最長20年まで5年毎の保証延長を受けることができます。

第13条 その他

  • 1.この保証約款に定めのない事項については、当該住宅の買主と売主の不動産売買契約によります。
  • 2.保証約款は売主が販売する他の分譲戸建住宅と共通であるため、当該住宅において一部の保証対象部分が該当しない場合があります。
  • 3.別表1-2「造成工事」の当該住宅への該当状況は、次のとおりです。

別表1-1(10年保証)「建物」

保証対象部分 基本的性能 保証期間 性能基準
基礎
基礎および基礎ぐいをいい、アプローチ、土間、犬走り、テラス等を除く。
上部構造の水平支持 10年 基礎は、沈下、不同沈下等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、基礎にコンクリートの収縮により生じる軽微な亀裂は、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。
(現象)
  1. 住宅の廻りの段、踏段が著しく隆起し生活に支障がある。
  2. 住宅の給・排水に支障が生じている。
  3. 1階の床に著しく不陸が生じている。
  4. 屋根の排水が困難になっている。
  5. 基礎に構造亀裂が生じている。
  6. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  7. 住宅が傾斜し、通常転がらないものを机等の上に置いた場合に転がって止まらない。
  8. 基礎の一部に遊びが生じている。
柱・はり等
土台、柱、はり、桁、筋かい等
荷重の支持 10年 柱・はり等は、傾斜、たわみ、破損等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、柱・はり等に木材の乾燥収縮またはコンクリートの収縮により生じる亀裂は、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。
(現象)
  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 柱、はり、壁に構造亀裂、ねじれ、脱落等が生じている。
  3. 住宅が傾斜し、通常転がらないものを机等の上に置いた場合に転がって止まらない。

表面仕上げ部分を除く。
水平支持 10年 床は、不陸、たわみ、破損等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
(現象)
  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 住宅が傾斜し、通常転がらないものを机等の上に置いた場合に転がって止まらない。
  3. 歩行等に伴い著しい振動が生じている。
  4. 床に構造亀裂が生じている。

内装、外装の表面仕上部分を除く。
荷重の支持 10年 壁は、傾斜、たわみ、破損等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、コンクリート、しっくい等による壁に、材料の収縮により生じる軽微な亀裂または隙間は、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。
(現象)
  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 壁の面外にたわみが生じている。
  3. 壁の面外に生じたたわみが原因で、表面仕上材が破損している。
外壁
開口部に設ける戸、枠その他の建具を含む。
防水 10年 外壁は、雨水が浸入して室内仕上面を汚損し、または室内にしたたるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、雨水を排除するために設ける排水管のうち、外壁の内部または屋内にある部分を含む。
屋根 荷重の支持 10年 屋根下地および小屋組は、破損、たわみ等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、小屋組に木材の乾燥収縮またはコンクリートの収縮により生じる亀裂は、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。
(現象)
  1. 部材またはその接合部に構造的破損が生じている。
屋根
開口部に設ける戸、枠その他の建具を含む。
防水 10年 屋根下地および仕上部分は、雨水が浸入して室内仕上面を汚損し、 または室内にしたたるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、雨水を排除するために設ける排水管のうち、屋根または屋内にある部分を含む。
バルコニー
バルコニー防水のトップコート(上塗り)部分を除く。
防水 10年 バルコニーは、雨水が浸入して室内仕上面を汚損し、または室内にしたたるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、雨水を排除するために設ける排水管のうち、バルコニーまたは屋内にある部分を含む。

別表1-2(10年保証)「造成工事」

保証対象部分 保証期間 性能基準
コンクリート工事
土留め擁壁、掘り込み車庫、外部階段等の主要構造部
10年 コンクリート主要構造部は、沈下、傾斜、たわみ、破裂、亀裂および雨漏れ、漏水により著しく基本的性能が損なわれてはならない。
なお、コンクリートの収縮により生じる軽微な亀裂は、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。

別表2(短期保証)

保証対象部分 保証期間 品質性能基準
(土工事)
盛土、埋戻しおよび整地を行った部分
2年 盛土、埋戻しおよび整地を行った部分は、沈下、陥没、隆起、敷地の排水不良等の現象が生じ、使用上の不都合をきたしてはならない。
なお、これらの部分に生じる多少の沈下等は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(コンクリート工事)
アプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等、主要構造部以外のコンクリート部分
2年 アプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等のコンクリート部分は、著しい沈下、ひび割れ、不陸、隆起、主要構造部とのはだわかれ等の現象が生じてはならない。
なお、盛土、埋戻し部分のアプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等に生じる多少の沈下等は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(木工事)
床、壁、天井、屋根、階段等の木造部分
2年 木造部分は、木材の変形、変質により著しいそり、隙間、割れ、きしみ等の現象が生じてはならない。
なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、羽目板、縁甲板、巾木等に生じる多少の隙間は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(ボード、表装工事)
床、壁、天井等のボード、表装工事による部分
2年 ボード、表装工事部分は、仕上げ材の剥離、変形、変質または著しい浮き、すき、しみ等の現象が生じ、その機能および美観を損なってはならない。
(建具、ガラス工事)
外部および内部建具
2年 建具または建具枠は、変形、腐食等の現象が生じ、開閉不良、がたつき等による機能低下をきたしてはならない。外部建具は、建具から雨水が浸入してはならない。
【免責事項】
アルミ部材のお手入れに、中性洗剤以外のクリーニング剤を使用した場合の変色、腐食
(左官、タイル工事)
壁、床、天井等の左官工事部分
2年 モルタル、プラスター、しっくい等の仕上部分およびタイル仕上の目地部分は、剥離、変退色、著しいひび割れ等の現象が生じ、その機能および美観を損なってはならない。
なお、これらの部分に生じる軽微なひび割れ、白華は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(組積工事)
コンクリートブロック、れんが等の組積による内・外壁
2年 組積工事の目地部分は、亀裂、破損、仕上材の剥離等の現象が生じ、その機能および美観を損なってはならない。
なお、これらの部分に生じる軽微なひび割れ、白華、組積表面の軽微な段差、凹凸は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(塗装工事)
塗装仕上面(工場塗装を含む)
バルコニー防水のトップコート部分
1年6ヶ月 塗装仕上面は、はがれ、亀裂等の現象が生じ、耐久性および美観を損なってはならない。
なお、この部分に生じる白華は通常避けられず、住宅の品質または性能を損なうものではありません。
(屋根工事)
屋根仕上部分
2年 屋根ふき材は、著しいずれ、浮き、変形、腐食、破損等の現象が生じ、その機能および美観を損なってはならない。
(防水工事)
浴室等の水廻り部分および外壁開口部取付け等のシーリング部分
2年 浴室等の水廻り部分は、タイル目地の劣化、防水層の破断、水廻り部分と一般部分の接合部の防水不良等により、通常の使用状態で水漏れが生じてはならない。
外壁開口部取付シーリング等の部分は、シーリング材の施工不良による劣化等により、雨水がこれらの部分から浸入してはならない。
(断熱、防露工事)
壁、床、天井裏等の断熱、防露工事を行った部分
2年 壁面、押入れ、床下等は、水蒸気の発生しない暖房機器の通常の使用により、結露水のしたたり、結露によるかびの発生等の現象が生じてはならない。
(防虫処理工事)
軸組、壁等の防虫処理工事を行った部分
2年 防虫処理工事を行った部分は、ヒラタキクイムシ等の発生により、食害、損傷等が生じてはならない。
なお、これらの食害を完全に防止することは困難です。
(防蟻処理工事)
土台、軸組、壁等の防蟻処理工事を行った部分
5年 防蟻処理工事を行った部分は、白蟻(ヤマトシロアリ、イエシロアリに限る)の発生により、食害、損傷等が生じてはならない。
【免責事項】
  1. 増築、改築または修繕した部分等、防蟻処理工事を行った部分以外が起因して発生した場合
  2. 雨漏れ、建物の破損等建物の維持管理の不注意により発生した場合や、自然災害による建物損傷、環境条件の異変により発生した場合
  3. 土壌処理してある土を搬出、掘り返し、または盛土した場合
  4. 防蟻処理していない杭を打ち込んだり、柵を作ったりまたは古材もしくは切株等が建物に接近していて、それらが原因となった場合
(錺金物工事)
とい
2年 といは、脱落、破損、たれ下り、著しい腐食等の現象が生じ、その機能を損なってはならない。
水切、雨押えの金属板 2年 水切、雨押えの金属板は、継手のはがれ、浮き、著しい腐食等の現象が生じ、下地材への雨水の浸入防止機能を損なってはならない。
(電気工事)
配管、配線
2年 配管、配線は、接続・支持不良、腐食、破損等が生じてはならない。
コンセント、スイッチ 1年 コンセント、スイッチは、取付不良、作動不良等が生じてはならない。
(給水、給湯、温水暖房工事)
配管
2年 配管は、接続・支持不良、電食、腐食、折損等の現象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
蛇口、水栓、トラップ 1年 蛇口、水栓、トラップは、取付不良、作動不良等が生じてはならない。
厨房、衛生器具 1年 厨房、衛生器具は、取付不良、水漏れ、排水不良、破損、作動不良等が生じてはならない。
(排水工事)
配管
2年 配管は、勾配、接続、固定不良等による排水不良または地盤沈下により、折損、漏水の現象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
(汚水処理工事)
汚水処理槽
2年 汚水処理槽は、槽のひび割れ、腐食による漏水または不同沈下により機能不全の現象が生じてはならない。
(ガス工事)
配管
2年 配管は、接続・支持不良、腐食、破損等が生じてはならない。
ガス栓 1年 ガス栓は、取付不良、破損、作動不良等が生じてはならない。
(雑工事)
小屋裏、軒裏および床下の換気口
2年 換気口は、脱落、つまり、著しい腐食等の現象が生じ、雨、雪、鳥、ねずみ等の侵入および換気性能の低下をきたしてはならない。
(外構工事)
エクステリア
門扉・フェンス・ポスト
門灯
1年 取付不良、破損、変形、腐食等の現象が生じてはならない。
【免責事項】
アルミ部材のお手入れに、中性洗剤以外のクリーニング剤を使用した場合の変色、腐食